TOPICS

イングランド情報 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    義父が逝くまで ⑥

    《おことわり》①クソ野郎の義父がとうとう昇天しましたが、私は義父が故人になったからといって、語調を変えるつもりはありません。その点を不快に感じられそうな方は、不快に感じ始めた時点で当ブログを閉じてくださいますようお願い申し上げます。②義父が逝くまでの経過をさくっとまとめるつもりでしたが、将来自分が読み返すときのために詳しい記録を残しておきたいので、長ったらしい記事になりそうです。御用とお急ぎでない方のみ、お読みくださいませ。《⑤からののつづき》10月22日(火)に義父とオットーの仲が決裂して以降は二人の接触は限られたものになったので、その後の話はさくさく進み、義父が逝くまでの経緯も、今回が最終回です。(やっと!)サマータイムが終わって時計を一時間戻した10月27日(日)、一週間の帰省を終えて、ムスメがロンドンに...義父が逝くまで⑥

    ハナママゴン

    ハナママゴンの雑記帳

    読者になる
  • 2位

    日常のくだらない一コマ。

    何日か前からずっと落ち込み気味です。 この生活がいつまで続くのかなあと、辛い気持ちになっています。 記録のために書いておきますが、先日久しぶりに散歩に行こうと思い、 「今から散歩に行くけど、1時間ぐらい出てくる。家にいる?でかけるならば鍵持って行くから」と言ったら、 「俺は友達に会いに行くから鍵は持っててね。」と言われて、家の鍵を持って出ました。 10分ぐらい歩いたところで夫から電話がなんどもかかって来たので、3度目ぐらいに電話に出てみると 「今どこ?家の中に車と家の鍵忘れてどこにも行けなくて家の前に立ってるんだけど、今すぐ帰って来て」 とパニクって怒鳴られたので、めんどくさいな〜と思いながら…

    akirara

    英国永住者の日常

    読者になる
  • 3位

    人生は一度きり!

    仮にも夫の父親で故人でもある義父のことをボロクソに書いてきました。が、あいにく本人がそれに値する本当のクソ野郎だったので、仕方ないです。ここまで読んできて、義父は私に対してはどんな風だったのか?と皆さんお考えかもしれないので、触れておきますね。サイコパス(←決めつけてますが)の義父は他人はおろか家族にすら興味も愛情もない人でしたから、ヨメである私なんて、『部外者中の部外者』。でもそのおかげで外ヅラのいい義父は、私に対しては常に普通に友好的に接していました。私の前でも義母に怒鳴り散らすことはあったものの。私も義父の前では猫をかぶって口数少なくおとなしくしていましたしね。(とくに最初の頃は、英語もわからなかったしぃ!)私がオットーと出会ったのが、年金生活に入った義父母が田舎に引っ越し、悠々自適の生活を始めてからだっ...人生は一度きり!

    ハナママゴン

    ハナママゴンの雑記帳

    読者になる
  • 4位

    義父が逝くまで ⑤

    《おことわり》①クソ野郎の義父がとうとう昇天しましたが、私は義父が故人になったからといって、語調を変えるつもりはありません。その点を不快に感じられそうな方は、不快に感じ始めた時点で当ブログを閉じてくださいますようお願い申し上げます。②義父が逝くまでの経過をさくっとまとめるつもりでしたが、将来自分が読み返すときのために詳しい記録を残しておきたいので、長ったらしい記事になりそうです。御用とお急ぎでない方のみ、お読みくださいませ。《④からのつづき》信じられないような言動で周囲に毒を撒き散らす義父と、その毒を長年まともにかぶりながらも、あくまでそんな夫に添い遂げるつもりらしい義母。オットーは、心底嫌気が差しながらも、母親のためと、歯を食いしばって義父をサポートしてきました。歯を食いしばってというのは、文字通りです。義両...義父が逝くまで⑤

    ハナママゴン

    ハナママゴンの雑記帳

    読者になる
  • 5位

    ロイヤルなお話。

    それは2020年1月17日のことでございました・・・: 過去3年。英国は、かのブレグジット問題で「国を二分した。」なーんて書くとちょっとお上品だけれども『敵か…

    まだむ。

    英国に慣れ『ぬ』ジャポネーヌ。

    読者になる
  • 6位

    ストリートミュージック

    はじめに断っておきますが、私は音楽についてはあまり詳しくありません。うちの夫や息子は楽器を演奏していたので、大音量で音楽をかけたりしていますが、それがずっと苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。 ロックとか、そう言う系で、音楽の好みが全く理解できないので、それならば何も音がしない方がマシだと思っていました。で、最近ストリートバンドの4重奏っていうんですか?あれを聞いて感動したのです。パラディオって言う曲で素敵だなと思って、ユーチューブであの人たちの動画がないかなーと思って探していたのですが、その時にユーチューブのおすすめに出て来たストリートピアノ系を聞いてみて、はまってしまいました。あのピアノ実…

    akirara

    英国永住者の日常

    読者になる
  • 7位

    ピア二ストに憧れて

    前日に続き、ピア二ストの話ですが、上手にピアノを弾いている人をみると、あんな風に弾けるっていいなあ〜。私も弾けたらよかったのに。 と思うのは私だけではないはずです。 幼少の時ちょっとだけピアノを習いましたが、一言でいえば苦痛でした。母からは練習しろと怒られ、ピアノ教室に行くのもめんどくさく。 だから、あんなに上手に弾けるなんて、どれだけ練習したんだろう?と思って、ただただ尊敬してしまうわけです。で、ピアノが弾ければいいなあーを実現してしまったおじさんがテレビに出ていました。 漁業をやっている方で52歳の時に、突然カンパネラを弾きたいと思ったそうなのです。 それから譜面も読めないのに、ビデオを見…

    akirara

    英国永住者の日常

    読者になる

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧