TOPICS
  • 1位

    思春期息子と母親

    息子は現在15歳。思春期で反抗期真っ只中〜でもきっと息子の反抗期は軽い方だと思います。暴力的なことは全くないし、私とも話をするし、2人で出かけたりもします。が…

    イマイマ

    インター生活@ナイロビ

    読者になる
  • 2位

    なぜか、はやっていない食堂(2019年12月9日)

     ◆安めの現地食堂◆ 歩道に置かれた黒板のメニューには、いくつものセネガル料理が綴られており、おいしそうでしかも安い。何度も、入店を試みたが、タイミングが悪く、その機会は巡ってこなかった。 しかし、ついにその機会が訪れた。 他のお店から判

    darmark2

    コラの調べに魅せられて

    読者になる
  • 3位

    DELFB1をカメルーンで受けてみた

    Bonjour 先日カメルーンにてDELFB1試験を受けて参りました。実は秘密裏にコツコツと準備を進めておりました。常々力試しにDELFを受けてみたいと考えていて、カメルーンに来て4ヶ月、フランス語を

    Taka

    C'est la vie 〜青年海外協力隊員によるカメルーンでの日常・情報発信ブログ〜

    読者になる
  • 4位

    【ケニア旅行】ディアニのレストラン安い!美味!!魚!!青年海外協力隊

    (2019年12月4日更新) ただ美味しいご飯を紹介していっきます!!! 基本的にホテルから近い所しか攻めていません。 感謝:教えて下さった先輩隊員さんスペシャルアサンテ!! Tiki Bar 一番最初の写真の「Pan fried fish fillet 」白身魚のムニエルみたいな料理!!約900円! 私的にはこの旅の中でいっちゃん美味しかった!!!! 「Creamy Tuscan garlic chicken with sauce」約890円 ここは色んなカクテルもあって地元の人も行くような場所!!(先輩隊員情報) Bidi Babu Restaurant ビーチ沿いにあるこのレストラン!何…

    otenba-Shiho

    おてんば関西娘Shiho

    読者になる
  • 5位

    やはり生き残っていた現地めし屋さん“Le Djembe”(2019年12月4日)

    ◆レストラン事情◆ 街を歩いてみて、気が付いたことがある。 新しいレストランやカフェができている一方、7年前にあったレストランやカフェの多くが、もはや見当たらない。 やはり自由経済の中では、消費者のニーズに合わないと、淘汰されるようである。

    darmark2

    コラの調べに魅せられて

    読者になる
  • 6位

    1かゼロかではない ぶれない第三の道『Third Way(サードウェイ)第3の道の作り方』山口絵里子さん

    マザーハウスのチーフデザイナー兼代表の山口絵里子さんのご著書。Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス) [単行本(ソフトカバー)]山口 絵理子ディスカヴァー・トゥエンティワン2019-08-13彼女のぶれない芯の強さと優しさにはいつも心を動かすパ

    あふりかくじら

    『あふりかくじらの自由時間』

    読者になる
  • 7位

    エチオピアのダイエット

    エチオピア人は比較的スリムな人が多いです。お母さん世代は恰幅の良い人が多いですが。職場の同僚にスリムで美人な女の子がいるので、どんなダイエットをしているか聞い…

    lijochi

    エチオピア

    読者になる
  • 8位

    美味しいアイスクリーム屋さん(2019年12月8日)

     ◆店構えが可愛いアイスクリーム屋さん◆ ポンピドウ通りを西へ進み、コロニッシュウエスト通りに出る数百メートル手前に、美味しいアイスクリーム屋さんN’ice Creamがある。 普通のお店とは異なり、営業開始時刻が、遅く、平日は11時からなので要注意だ。

    darmark2

    コラの調べに魅せられて

    読者になる
  • 9位

    南アフリカ航空が破産の危機

    南アフリカ航空が破産の危機。 以下、記事抜粋。 経営難に陥っている南アフリカ航空(SAA)が、破綻の危機にひんしている。 先に実施された主要労働組合によるストライキで財務状況が急激に悪化したためで、11月は従業員に給与の半分しか支払えず、事業継続に向けた資金調達も難航している。 ゴーダン公共企業相の話を元に、フィナンシャル・タイムズなどが11月27日伝えた。 公共企業省は事業を存続させるため…

    Micky

    Develop Afrika

    読者になる
  • 10位

    生きる美学

    鍼灸整体師の女性の先生とお話ししていてこのひとはいつも心地よくていいなと感じる。もちろん、鍼灸整体の腕もそうなんだけれど、(実に的確)そのソウルの部分。少し前に、職場の部署で小さなスピーチを持ち回りでやるというのをやっていて、誰かが、仕事とアートの話をし

    あふりかくじら

    『あふりかくじらの自由時間』

    読者になる

続きを見る

  • ヨーロッパの温泉

    ヨーロッパの温泉

    海外にいてもやっぱり温泉が恋しい!ヨーロッパの温泉&テルメ情報大募集!

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • バンクーバー

    バンクーバー

    バンクーバーの情報を集めましょう!

    テーマ投稿数 149件

    参加メンバー 20人

  • ドバイ旅行

    ドバイ旅行

    ドバイに旅行行く人、行った人、住んでいる人 ドバイの様々な情報交換をしましょう! ドバイは世界でも有数の5つ★が多い地域。 ホテルを選んでから、行く…と言うのも珍しく ありません!

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 7人

  • ♪MAMA AFRICA♪

    ♪MAMA AFRICA♪

    母なる大地アフリカ、 MAMA AFRICAをこよなく愛する、大好きだ、 と言う方は誰でも参加してください。 皆さんで、情報を共有し合い、役立てて生きましょう♪ 世界の人たちが幸せで、笑顔で入れますように★

    テーマ投稿数 251件

    参加メンバー 17人

  • 観光地

    観光地

    観光地(かんこうち)とは、観光旅行、つまりツーリズムと呼ばれる保養、遊覧を目的とした旅行に対して、歴史・文化・自然景観などの遊覧資産を持ち、交通機関や宿泊施設などで観光客の受け入れを行える地域をいう。 これらの地域の多くは山間部、海岸部、古都と呼ばれる地域に集中し、観光で訪れる者から得る収入が地域経済の基盤となっている。 従って、国立公園内の自然保護地域など人の入れない地域、歴史・文化遺産などは、世界文化遺産などに登録されていても、交通、宿泊施設などで観光客の受け入れ体制が整っていない場合は観光地とはならない。ただしこれらの中でも、公開を目的とした整備が進み、一般旅行客にも観光の前提である歴史・文化・自然景観などの遊覧資産が鑑賞できるなどの受け入れ態勢が整っているものは観光地となる。 これらの観光地の多くは観光協会などの団体などを整備し、観光目的の客誘致、自然景観や史跡巡りの案内、宿泊施設の案内、区域内のゴミ収集など各種整備事業を行っている。 なお、テーマパーク、遊園地は娯楽施設であり、遊覧・保養を目的とした施設ではない為、観光地ではない。 ただし、テーマパークの中にも観光地に隣接しているものがあり、宿泊施設、教養施設などを提供し観光施設となっている物がある。

    テーマ投稿数 3,741件

    参加メンバー 296人

  • リゾート

    リゾート

    リゾート(resort)とは、大勢の人が休暇・余暇を過ごす場所のこと。行楽地。

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 19人

  • ジョバンニの優雅な海外生活

    ジョバンニの優雅な海外生活

    これは、ブルースマンとしてアメリカ南部に7年にわたる音楽を仕事に生きる20代後半の男の物語である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 1人

  • 世界中ヲ旅シタイ・シマシタ☆

    世界中ヲ旅シタイ・シマシタ☆

    世界中を旅してみたい・旅しました・これから行きます・旅の情報・ココがオススメ・お得な旅のしかた!ナド。旅のことならなんでも♪

    テーマ投稿数 46件

    参加メンバー 7人

  • ダービーマッチ

    ダービーマッチ

    ダービーマッチとは、主にサッカーなどといった英国発祥の球技で見られる、ある特定の2つのクラブチーム同士の対戦の事である。尚、スペインやスペイン語圏の国などでは「伝統の一戦」という意味でクラシコ、オランダなどの一部の国ではクラシケルと呼ばれる場合があるが、ダービーマッチと意味はほとんど同じである。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 3人

  • ウイグル

    ウイグル

    ウイグルは、古代北アジアで活動したテュルク系遊牧民。この民族名称を自称する人々はのちに中央アジアに移動し、15世紀頃まで存続していた。また、この民族名は、20世紀に東トルキスタン民族運動において、テュルク系のオアシス定住民が、1934年に古代北アジア遊牧民の呼称を借りて、自分たちの呼称として採用し、現在に至っている。 本項では主として古代北アジアのテュルク系遊牧民とその直系の後裔である中世中央アジアのウイグルについて主として扱い、近現代の東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)のトルコ系オアシス定住民である現代ウイグル民族については「ウイグル人」の項目に譲るものとする。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

  • コラの調べに魅せられて

    セネガルを中心に西アフリカの最新情報をお届けします。更に、タンザニアやセネガルのレストラン・食堂、見所、ショッピングモールが満載な趙詳細マップも作成しています。また、過去に3年間生活した、スリランカも紹介しています。

    読者になる
  • C'est la vie 〜青年海外協力隊員によるカメルーンでの日常・情報発信ブログ〜

    新卒で食品メーカーに入社。営業として3年間働き、現在休職中。 2019年1次隊(コミュニティ開発)としてカメルーンへ赴任。カメルーンでの日常、活動をお届けします。

    読者になる
  • H2ブログ

    神奈川県に拠点を置くインドと南部アフリカ専門の旅行会社です。現地の旅行に関する記事をアップしています。

    読者になる
  • おてんば関西娘Shiho

    英語力”ゼロ”でカナダ留学。 帰国後、国際交流コミュニティを立ち上げたり、国家公務員目指しとったのに急にアフリカ行くって決めて、青年海外協力隊でケニアへ。ただのおてんば娘! #小学校教育#アフリカ

    読者になる
  • Develop Afrika

    日本では入手しにくいアフリカのリアルな情報を更新!

    読者になる

続きを見る

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧