中央アジア情報 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/25 00:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ソ連風来坊さん
  • 情報提供高校生の武勇伝より映ったカザフスタンの世相 一匹狼のソ連と東アジア見聞録ソ連風来坊さんのプロフィール
  • 二ヶ月ほど前、ある青少年の義挙がカザフスタン各界より称賛され、表彰された。しかし、背後に隠された多くの社会問題はさほど言及されず、重視されなかったようだ。事件の詳細を紹介しながら分析したいと思います。四月中旬、アルマティ州のトゥルゲン村(Тургень)で一人の八歳の女の子が放課後、独自に帰宅していた。普段は家族や親戚が子供を迎えに来るはずだったが、あいにくその日にみんな用事があるのでお嬢ちゃんが

2位
bishkekさん
  • 情報提供夏はビールがなくちゃやってられない パパはバレエダンサーbishkekさんのプロフィール
  • ウォッカはあまり飲みません。 日本で毎日2本は飲んでいたワインは値段と味のバランスが悪く、あまり飲まなくなりました。 一番手ごろなビールに落ち着いたわけですが、こちらで一番安い銘柄はペットボトル2リットル入りで150円ほどの激安価格です。 水みたいですがね。 まぁ、泥酔したいわけではないのでいいんです。 私はがっちりした体型に似合わず腕が細く、握力もなく、指輪のサイズも4号です(関係ない?) そのため、キャ

3位
bishkekさん
  • 情報提供バレエダンサーが公務員でよかった パパはバレエダンサーbishkekさんのプロフィール
  • 幼稚園では8時半から朝ごはんが始まるので、起き抜けで行っても問題ありません。 食事はスープとパンなど簡単なものだと思いますが、おやつもでるし、ありがたいです。 持ち物も最初に着替えと上履きを持っていったら後はなんにもいりません。 そもそも制服という概念がないのかもです。 費用は最初はなかなか教えてもらえず、私が外国人なので月3万円と吹っ掛けられましたが、公立でそんな値段ありえないので(私立はそんなもん
4位 bishkekさん
  • 情報提供謎の日本語を話すハーフに親近感を覚える、昔だったらイラっとしてた パパはバレエダンサーbishkekさんのプロフィール
  • 「疲れたー」は文字にすると普通ですが、なぜか長女は外国人なまりで日本語をしゃべるので、「来日1年目」みたいな感覚で聞いてしまいます。 いちいち直さなきゃいけないのかもしれませんが、ロシア語も英語も混ざっちゃって手が付けられません。 「んで!」というのは「抱っこして」という意味なのですが、もはやどっからきた言葉なのかも不明です。 最終的に「泣いたった〜」といわれるので「そうかそうか」と冷たくあしらうの
5位 aiさん
  • 情報提供自然で不自然な場所 ♡カザフライフ♡aiさんのプロフィール
  • 楽しい夏休み。前半は日本に2週間そのあとハワイで一週間。今はアメリカノースカロライナのお母さんのところに来ています。山の真ん中にあるお母さんの家。ハチドリやキツツキがバルコニーに遊びにくる自然豊かなところ。目の前には川が流れてて夜には蛍が眩しいくらい。もちろん自然が豊かということは周りに人がいないということ。最寄りのスーパーまで車で45分。仕事場まで片道1時間。家に着くのが遅くなるし滅多にスーパーに
6位 ソ連風来坊さん
  • 情報提供「頑固オヤジ」に関する遺跡と施設 一匹狼のソ連と東アジア見聞録ソ連風来坊さんのプロフィール
  • 新任大統領が就任して半年を超えたウズベキスタンでは、前大統領を偲んで関連する施設や遺跡も続々と誕生した。 去年九月他界した前カリモフ大統領、同氏を記念するために、タシケント、サマルカンドなど三つの都市で前大統領生前の官邸を記念館にするほか、地方にある自動車工場や芸術宮殿、タシケント国立技術大学、地方都市の大通りなど多くの場所の名称もカリモフ氏の名前で変更する予定。そのほか、現ミルジヨエフ大統領は「
7位 ソ連風来坊さん
  • 情報提供遊園地の安全事情 一匹狼のソ連と東アジア見聞録ソ連風来坊さんのプロフィール
  • 今年の夏、中央アジアで遊園地の事故が続発。 五月15日、キルギスの第二都市オシ(Ош)にある遊園地で事故が起こった。当日夕方、ナヴォイ記念公園(парк имени Алишера Навои)で運転中の回転木馬が急に崩れ、乗客の中に11名の客様が重軽傷を負った。中には3人の子供がいたし、病院で治療と検査を受けたところ、三人が入院、一人が重傷という結果だった。事故発生後、キルギス各界が真相究明と責任
8位 涯 如水さん
更新時刻:17/06/25 00:30現在