TOPICS

海外サラリーマン 新着記事

1件〜50件

  • 【南アフリカ】ケープタウン・ビジネスマンにおすすめのホテル8選

    出張先で充実した時間を過ごすには、滞在先のホテル選びが重要です。 現地のホテル事情を良く知らずに、料金だけで判断してしまうと後から後悔することになりかねません。 ここでは、ビジネストリップに活用したいケープタウンのホテルを紹介します。 1.The Table Bay Hotel(ザ・テーブルベイホテル) ケープタウンにあるホテルのなかで、観光客やビジネスマンに人気のホテルです。 ブルーの屋根にクリーム色の外観で高級感があり、V&Aウォーターフロントショッピングモールと通路で繋がっています。 雨に濡れることなくショッピングが楽しめるほか、仕事で遅くなってもレストランに近いので食事に困ることがありません。 ホテル内にはビジネスセンターやジムが併設され、快適で充実したビジネストリップが実現します。 ウォーターフロントに面しているので景色は抜群、観光に便利な立地でプライベートも楽しめます。 公式サイト: 2.The Westin Cape Town(ザ ウェスティン) ザ ウェスティンホテルは、ケープタウン国際コンベンションセンター(CTICC)のすぐ隣に隣接するホテルです。 CTICCで国際的な会議に出席する予定のあるビジネスマンの方は、ザ ウェスティンホテルへの滞在をおすすめします。 ホテルのロビーを出てすぐの道路を渡れば、会議場に到着するので忙しい朝も慌てずにすみます。 ビジネスセンターや無料WI-FI、無料送迎バスやタクシーのサービスがあるので、近くに出かけたい時はフロントに相談してみましょう。 観光に便利な場所で、V&Aウォーターフロントショッピングモールへ車で約5分程度の距離、テーブルマウンテンや各種チケットの手配なども手伝ってくれます。 公式サイト:

    kaigaisusume

    海外勤務のすすめ

    読者になる
  • 【ルーマニア】現地在住者の情報!出張の前に知っておくべき情報や治安対策について

    ルーマニアには多くの都市がありますが、比較的に治安が悪い都市は首都のブカレストです。 海外出張ではブカレストに行かれる方が多いでしょう。ここではルーマニアの首都、ブカレストに海外主張に行かれる方のために、ブカレストの治安などについて詳しくご説明します。 1.2019年のブカレストの治安 ブカレストには少数ですが、日中にシンナーを吸ってる方やお金を要求してくるホームレスやロマ人がいます。過去と比べて、比較的に少なくはなってきていますが、まったくいないという訳ではありません。 ホームレス ブカレストではお金やタバコを要求してくるホームレスに出会うことが多いです。危害は加えてきませんが、タバコの場合は比較的にタバコをもらえるまでしつこく要求してくる方が大半です。お金の場合は断ったらしつこく要求してくる人はいません。 野良犬 昔と比べて少ないですが、ブカレストには野良犬がいるのも事実です。ですが、多くの野良犬は人懐っこく人間になれているので危険はありませんが、安全のために近寄らないのが一番です。 ロマ人 ルーマニアには他のヨーロッパ諸国と比べてもロマ人がとても多いです。全員がそういうわけではありませんが、ほとんどのロマ人が財布やスマホを盗む事例が多くあります。これに関しては過去より現在の方が被害が多いです。 ロマ人とは、インド方面からヨーロッパに来た移動型民族だと言われています。ロマ人の肌の色はインド系やエジプト系に近いのが特徴です。また、差別用語になってしまいますが、ルーマニアや他のヨーロッパ諸国では、ロマ人はジプシーと呼ばれています。 2.ルーマニアに来る前に知っておくべきこと 英語が通じないことが多い ブカレストには英語がわからない人が多く、そのため飲食店などでは英語が通じず困ってしまうことが多々あります。ブカレストの中心地のお店のほとんどは英語でも大丈夫ですが、すべてではありません。 クレジットカードが使えないお店も多くある ブカレストはルーマニアの首都ですが、クレジットカードが使えないお店が多くあります。また、お支払いのときにクレジットカードを読み込む機械が壊れている場合も多々ありますので、多少の現金を所持することをおすすめします。 全額おつりを渡されないことがある

    kaigaisusume

    海外勤務のすすめ

    読者になる

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧