TOPICS

青年海外協力隊 新着記事

1件〜50件

  • 久々の空手の大会

     11月11日月曜日、この日は、和樹さんが借りた本(って言っても漫画)を私も読ませてもらって、ブログ書いたり、散歩しに公園まで行ったり。 ポッキーの日だからと…

    光マリア

    助産師 光マリア 幸せな毎日にありがとぅ♡

    読者になる
  • 酒 2019.11.17(日)

    今日は朝からポルトガル語勉強。 金曜日いよいよ試験やー。 一番下の初級受験だけど、受かるかマジ不安( ;´・ω・`) 年3回(日本では年1回)の貴重な試験なので、なんとか合格したいなー( ;´・ω・`) 12時頃昼食のため外出。 作りたいカクテルがあるので、酒も買い出し。 今日も良い天気。 少し下った所にある酒屋。 今日欲しいのは ブランデー ベルモット(出来ればドライ) ライムジュース レモン この酒屋さんには無かったので、他の店へ。 昔潰れたホテルの廃墟。 この通りに飲食店のマークを見つけたので行ってみるも、残念ながら無し。 こっちの人たちは親戚で、商品が無くても、他の店を惜しげも無く教え…

    ウメ

    青年海外協力隊 モザンビークでの日々

    読者になる
  • サン族の文化を体験!〜ブッシュマンウォーク〜

    2日目の朝は、サン族の人たちと一緒にブッシュを散策し、その生活の知恵を学ぶアクティビティに参加。「ブッシュマンウォーク」と言います。 1日目のサンダンスについてはこちら ↓ サン族の文化を体験!〜サンダンス〜 - 小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ サン族の人たちはかつて、「ブッシュマン」と呼ばれていました。文字通り、ブッシュの中で生活していたので、外部の人たちがそう呼んでいたそうです。そのうちに蔑称と見なされて使われなくなりましたが、今でも彼らを、野外で生きるための知恵を知っている人たちとしての尊敬の念を込めて、「ブッシュマン」と呼んだりもするそうです。 受付の前に行くと、サン族の人たち…

    しゅん

    小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ

    読者になる
  • サン族の文化を体験!〜サンダンス〜

    ボツワナの先住民族である、サン族の文化が体験できるロッジに泊まってきました! 「Ghanzi Trail Blazers」というロッジです。 このロッジでは、主に2つのアクティビティを体験することができます。 一つは、サン族の伝統的なダンスを見ることができるアクティビティです。 もう一つは、「ブッシュマンウォーク」といって、サン族の人たちが一緒にブッシュを歩き、その生活の知恵を教えてくれるアクティビティです。 それぞれ90プラ(900円くらい)です。 泊まるところは、3タイプあります。 一つ目はサン族の小屋。中にベッドがあるだけの小屋です。一泊180プラ。 二つ目はシャレー(ダブルベッド)。屋…

    しゅん

    小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ

    読者になる
  • 活動まとめ⑤~反抗ストライキ~

    教材アプリの企画が決まり、JICAを含めて活動先とミーティング。相変わらずカウンターパート(以下CP)は、JICA担当者の前では気前が良い。企画の内容は全てスムーズに合意された。しかし、いざ開発を始めると、CPは企画に納得していないらしい。「こんなアプリを見つけた。こ

    じゅんのすけ

    もろっこばやし

    読者になる
  • 504 ビサレ村2日目

    今日は6:30に目が覚め、(というかなかなか寝付けなかったからとりあえず目を瞑ってたといあ)眠い目をこじ開けながら海へ朝の太陽の光でとってもキレイな海悩みなん…

    Superfly!

    砂埃舞う砂漠地帯 ハサヒサ で生きる

    読者になる
  • 読者になる
  • 503 ビサレ村1日目

    3ヶ月ぶりにビレッジステイ先のビサレへソロモンは3ヶ月ルールという謎のルールがあり、赴任して3ヶ月は自分の任地(私はホニアラ市内)から出てはいけませんこの間ホ…

    Superfly!

    砂埃舞う砂漠地帯 ハサヒサ で生きる

    読者になる
  • 【ケニア旅行】アフリカ1番の茶の産地!ケリチョ!青年海外協力隊

    (2019年11月17日更新) ケニア国内旅行第1弾!西側を攻める!! ケリチョまでの道のり! アフリカNO.1お茶輸出国ケニア ケリチョリハビリテーションスクール ケリチョ締めは、鍋!鍋!鍋! ケニア国内旅行第1弾!西側を攻める!! 11月5日〜11月13日までの10日間国内旅行に行ってきました!! ・11月5日〜7日:ケリチョ(Kericho) ・11月8日〜:ビタ (Mbita) ・11月9日〜10日:ムファンガノ島 ( Mfangano island) ・11月11日〜13日:マセノ ( Maseno) ケリチョまでの道のり! マタツや長距離で行く方法もありますが、 私は飛行機でジョモ…

    otenba-Shiho

    おてんば関西娘Shiho

    読者になる
  • 小学生から留年の可能性!?

    Hola 👋 どーも、ゆーたです! 水曜日から、 小学生が 学校に来ません。。。 なぜかというと、 テストが終わったから!! ホンジュラスでは、 テストが終わると 教員は採点や 成績をつけるために 学校を休みにします😅 驚きましたが、本当に 児童が来なくて3日目。。。 本当に休みが 存在してるんだなと 実感しています!! さて、今日は 小学生から留年の可能性!? についてお届けします。 義務教育 日本の義務教育 ホンジュラスの義務教育 小学生から留年!? 世界の留年事情 フィンランドの留年事情 オランダの留年事情 まずは、 簡単に日本の 義務教育 をおさらい。 日本の義務教育 東京都国際交流委…

    ゆーた

    ホンジュラスで体育の先生。新卒隊員の挑戦!

    読者になる
  • 聞くな!頼め! 2019.11.16(土)

    今日はのんびり起床。 すると、先輩隊員から電話。今から首都で飲もうとのこと。 ごめんなさい、予定あるのと、移動届出してないので(._.) ボランティアは、任地を離れる場合その3日前までに配属先に承認サインをもらい、それをJICAに送らなければならない。 たまにお構い無しで任地離れる隊員もいるけど、オレはちゃんと遵守。 晴れてたので洗濯して、午前はのんびり。 生徒はおらず、生徒の子どもたちが元気に走り回ってる。 そんな感じで、気付いたら13時。 遅めの昼食のため外出。 誰もいない校舎と、キレイな青空。 ほんまキレイな教会やなー。 今日はミサやってるらしい。 青空市へ向け歩いていると、前の家政婦さ…

    ウメ

    青年海外協力隊 モザンビークでの日々

    読者になる
  • 協力隊員が知っておくべき最新開発経済学

    今年のノーベル経済学賞は、マイケル・クレーマー(米国・ハーバード大)、エステル・デュフロ(フランス・MIT)、アビジット・バナジー(インド・MIT)の3名が「貧困解消のための実験的なアプローチ」における貢献を評価され共同受賞した。 私は、デュフロとバナジーの著書『貧乏人の経済学』を協力隊の派遣全訓練施設である二本松訓練所の図書館で借りて読んだのが彼等とのはじめての出会いであった。 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考えるwww.amazon.co.jp 3,200円(2019年10月24日 02:37時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入す

    渡邊智史

    元リーマン協力隊員のケニア奮闘記

    読者になる
  • プレゼント(派遣594日目 2019/11/16)

    ガイドブック作りから解放されて、心ゆくまで寝ました\(^o^)/ そして、今日はビーチまでお散歩。 ウェブページ作ったり、ガイドブックにも載せたりして、広報のお手伝いをしてる工芸品屋さんのマリオから、「プレゼント作ったから来てよ!」と言われ、会いに行くことに。 なんと、 天然パールのネックレスをくれました…!! (どうでもいいけど、上裸やめて…乳首にピアスしてるのめっちゃ気になるからやめて…笑) パールもマリオが採って、加工までしてくれたらしい。すごーい!!(゜゜)どんくらい価値があるものなんでしょうか…よくわかんないけど… いいのかな、こんなんもらっちゃって、、嬉しいけどさ、、、 おぉ〜素敵…

    こまっちゃん

    ゆるモザ日記。

    読者になる
  • 指なし指笛が吹けるようになりました!!

    ボツワナで絶対に達成したい裏目標がありました。 それは、指なし指笛が吹けるようになること!!指なし指笛とは、文字通り指なしで、指笛のような音を出すことです。英語では、「フィンガーレスホイッスル」と言います。 こちらの記事でも少し書きましたが、現地の人たちはこの指なし指笛を自在に操ることができます。bwshun.hatenablog.com これ、すごく便利なんです。もちろん上にあるような何かの観戦の時も使えますし、誰かに気づいて欲しい時や、人や動物を呼びたい時にも使えます。現地の人たちが軽々と鳴らすのを見て、絶対に自分もマスターしたいと思っていました。 しかしこの技術、普通の指笛よりも100倍…

    しゅん

    小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ

    読者になる
  • コロンビアにきて120日目

    Hola!! いろんな場所でブログを始めてしまったが故に、こっちのブログが疎かになっております。ごめんなさい🙏🙇‍♂️ 2019年度1次隊のインドの隊員がD-COOLというサイトを開設しておりまして、私もメンバーに入れてもらい、発展途上国のさまざまなクールな情報を週1回配信しています(^^) D-COOL | 途上国をもっとみぢかに もしよければ、こっちも見てみてください✨ 中南米*アフリカ*大洋州*アジアの世界中で活動している同期が、それぞれの国の情報を惜しげもなく載せています‼️‼️ なんと面白い🤣☀️ さて、今日は活動のことを書こうかと思います。 ちなみにプライベートでもかなり動いている…

    まいまい

    目指すは皆の太陽☀️inコロンビア🇨🇴

    読者になる
  • 403日目:ダンス×お茶×諸々

    Japan Weekも後半に来てイベントが増えて来たよう。昨日に引き続き今日も隊員に存在が知られているイベントに参加して来た。午前は朝一からインターナショナル…

    ickwmss

    ガーナでの2年間〜青年海外協力隊2018-2〜

    読者になる
  • 誰もいなくなった 2019.11.15(金)

    第一次卒業試験最終日。 今日は生徒4人だけの教室を担当することに。 相方の先生は来てないので、とりあえず一旦1人で全部準備。 生徒1人ずつ出欠とって入室させる。 次いで解答用紙・署名用紙を配る。 解答用紙・下書きにはサイン。 すると相方到着。 特にお詫びの言葉は無し(慣れてる)。 4人しかいないので、1人ずつ別れて座れと指示し始めたが、抵抗する生徒たち。 ・・・・カンニングする気?(^_^;) すると相方は電話でカウンターパートを呼び出して直訴することに。 ・・・・先生もスマホ持ち込み禁止なんじゃないの?(^_^;) 結局席は分けることに。 試験開始時間になったので、生徒が封詰めされた問題用紙…

    ウメ

    青年海外協力隊 モザンビークでの日々

    読者になる
  • 派遣116/607日目、「草の根文化無償資金協力」申請に向けて

    『「夢の翼」 in 南アフリカ共和国(JICA現職教員、数学教育)』へようこそ 【説明】 本ブログは、将来協力隊を志す中高生をターゲットに、日々必要な知識や…

    Shinji.Y

    「夢の翼」 in 南アフリカ共和国(JICA現職教員、数学教育)

    読者になる
  • ガイドブック入稿!(派遣593日目 2019/11/15)

    昨晩、深夜遅くまで作業して、 そのあと私が寝るってタイミングで嵐がきて、激しい雨音で寝られず…あげく、夢の中でも延々と編集作業にうなされ…全然寝た気がしなかった本日_(┐「ε:)_ 同僚のオフェーリアと一緒に、まるっと全てを確認しました!!本当は、入稿日当日なんかにやる作業じゃないんだけど、もう本当に余裕がなかった、、、 オフェーリア、全く手を抜くことなく、ゴリゴリに直しを入れてくれるのはありがたいんだけど、 「そこ直す必要ある?!」 ってとこまで指摘してきて、 疲れと焦りと寝不足もあり、 イライラしてしまう私、、、。 「ここはこう直したほうがいい!」「いや、このままでいい!!」という、両者一…

    こまっちゃん

    ゆるモザ日記。

    読者になる
  • 502 今週もお疲れ様でした!

    最近雨が多い(1日一回は必ず降る)ソロモンです。家までの道…ドロドロや〜でも今朝は、夜に降った雨はすっかり止んで、とっても気持ちのいい朝でした写真じゃ伝わらな…

    Superfly!

    砂埃舞う砂漠地帯 ハサヒサ で生きる

    読者になる
  • ケニアの西成 任地ソリの話

    今回は、私の任地ソリを紹介する。 ・ソリの紹介 ソリはケニア南西部、ヴィクトリア湖のほとりにあるルオ人が住む街だ。 人口は約1万人で、農業と漁業を主力産業としている。 協力隊員は私と先輩隊員でセカンダリースクール(中学高校レベル)に勤めるH先輩が住んでいる。 ヴィクトリア湖沿いの街は、ケニア国内でもHIVの感染率が高いことで有名だ。ケニア全体での感染率が8%前後なのに対して、このエリアでは20%弱まで感染率が急騰する。 これは私の勝手な推測だが、この感染率の高さは漁師の数と関連していると考えている。 日本でもそうだが、毎日命がけで仕事をしているせいか漁師

    渡邊智史

    元リーマン協力隊員のケニア奮闘記

    読者になる
  • 派遣115/607日目、寂しいのでペットを飼います!

    『「夢の翼」 in 南アフリカ共和国(JICA現職教員、数学教育)』へようこそ 【説明】 本ブログは、将来協力隊を志す中高生をターゲットに、日々必要な知識や…

    Shinji.Y

    「夢の翼」 in 南アフリカ共和国(JICA現職教員、数学教育)

    読者になる
  • 悲しい話と嬉しい話。(派遣592日目 2019/11/14)

    悲しい話。 今朝、 ヤモリを殺してしまいました… 窓を閉める時に、なんか閉まりづらいなぁと思っていたら、 ヤモリをむぎゅーっと窓枠で潰してしまっていました… ごめん… 殺したの2回目だ… 安らかに、アーメン…。 嬉しい話。 ガイドブック制作の JICA補助金の申請が通りました!! よかったー!!!! バタバタの書類提出にもかかわらず、その都度対応してくださった皆さんに感謝。 さて、後は、無事に完成させるのみ!!!!! 写真はヤモリ。死んだやつとは別…たぶん…。 にほんブログ村

    こまっちゃん

    ゆるモザ日記。

    読者になる

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧